Windows10でDVDを再生する方法

DVD
この記事は約7分で読めます。
【バックトゥ昭和】ビデオダビングサービス紹介

Windows10ではDVDが再生できない

なんと不便な事なのでしょう。

Window10にはDVD再生用ソフトが搭載されていないのです。

DVDの画像

だけど、以前は、パソコンでそのままDVDが見れていたハズ...って思っている人も多いと思います。

そうなんです。 Windows7では、DVDがそのまま見れたのです。

パソコンでDVDを視聴するには、DVD記録方式である「MPEG-2による映像」や「AC-3による音声を」復号化するためのコーデックと呼ばれるソフトが必要です。

Windows7では、このDVDコーデックが標準的に搭載されたため、Windows Media Playerを使ってDVDを見ることができていました。

ところが、Windows8から、DVD再生に必要な「DVDコーデック」を搭載しなくなってしまったために、再生できなくなってしまっているのです。
(DVD再生用のソフトが標準装備されているWindowsパソコンを除きます。)

DVD盤面印刷オプションの実際の写真

実はコレ...マイクロソフト社の都合で、DVDコーデック搭載に伴う$2のライセンス料を削減するために、Windows OSから、DVDビデオ再生機能を切り離したからなのです。

たった2ドルのことで、みんな悩んでいるのかと...ため息が出ますよね~。

全世界規模でOSを販売しているマイクロソフトですから、このライセンス料はOSのライフ換算で、なんと8,000億円ほどにもなってしまうとのことなんです。

理由は分かったけど、この金額にもため息が出てしまいます。

DVD内臓パソコンの減少や、DVD再生用ソフト標準搭載のパソコンではライセンス料が2重払いになるなどの理由もある様ですが、言い訳の様に聞こえます。

バックトゥ昭和のビデオダビングサービスビデオダビングサービスのページはこちら!

Windows10でDVDを見る方法

Windows8以降、搭載されなくなったDVDコーデックを、どのようにして導入すれば、DVDが見れるようになるのでしょうか?

「必要なコーデックを導入してあげれば良い」とは分かるのですが、そのやり方が分かりませんよね~。

ググってみても、何やら難しい内容ばかりで、「コーディックを入れたのに再生できない」とか、マイナスイメージの情報が多くて、導入に自信を持てない人が多いのではないでしょうか?

DVDの画像

私のお勧めは、コーデックを追加するのではなく、DVDコーデックの付属したソフトウエア/アプリを導入することです。

これなら、普通にソフトウエア/アプリをダウンロードして、動作させるだけで、簡単にDVDが見れるようになるからです。

DVDが見れる様になるアプリは、たくさんあります。

その中でも、もっとポピュラーで導入ケースの多いアプリを紹介しておきますので、参考にしてください。

(紹介アプリ以外にも、数多くのDVD再生可能アプリがあります。アプリのダウンロードサイトによっては、目的とは無関係なアプリをインストールさせる誘いが設置されていたりするので、細心な注意を払って、慎重にダウンロードを進めてください。)

miniDVからダビング
MiniDVテープからのダビングサービスはこちら!

パソコンにDVDアプリがインストール済みかどうかを確認する

DVD再生用ソフトウエア/アプリをダウンロードする前に、まずはご自分のパソコンを確認してみましょう。

元々DVD再生ソフトがインストール済みで、DVDコーディックが存在している可能性もあるからです。

確認の方法は、以下の通りです。

DVD再生アプリ確認方法その1

Windows10画面の左下の「🔎ここに入力して検索」に、「自動再生」と文字入力します。

すると、上側の表示欄に「最も一致する検索結果」の一覧が表示されます。

項目の中に「CDまたは他のメディアの自動再生」の表示が出てきますので、こちらをクリックします。

DVD再生アプリ確認方法その2

すると「自動再生」のページが表示されますので、その中の「DVDムービー」をクリックして、内容を参照します。

一番上に表示される「DVDビデオの再生(*****)」欄を参照した時に、*****部分に、何らかのDVD再生アプリ名称が記載されていれば、DVD再生用ソフトが既にインストールされていることが確認できます。

※私のパソコンの例(上の写真)では、後述する無料アプリ「VLC media player」がインストールされていて、DVD再生可能である事が分かります。

「何もしない」などにチェックが入っている場合は、「DVDビデオの再生(*****)」をクリックして、DVDを入れると自動的に再生開始する様に、設定変更しておきましょう。

ここにアプリ名称が見当たらない場合は、DVD再生アプリが存在していない状態なので、アプリをインストールして、DVDを見れる様にしていきましょう。

Hi8テープからダビング
8mm/Hi8テープからのダビングサービスはこちら!

有料アプリを利用する

まずは、有料アプリを紹介します。(無料アプリは次項を参照してください)

一番おススメな有料アプリは、「Windows DVDプレイヤー」と言うアプリです。

「なんで有料なの?」って思うかも知れませんが、このアプリはマイクロソフト純正なので、安心して使用できるので、紹介することにしました。

お値段は、税込みで(現在1,750円)ですが、変動することがありますので、ダウンロードサイトで再確認してください。

この程度のお値段ですし、無料ソフトで悪い経験をされた方には、おすすめです。

このアプリには、無料試用版があって7日間無料試用できるのですが、画面中央に大きな「互換性があります」表示が出てくるので、DVD再生を楽しむことは全くムリです。

無料試用版は、動作確認用だとお考えください。

「Windows DVDプレイヤー」の導入方法ですが、マイクロソフトのアプリなので、Microsoft Storeから入手します。

Windows画面左下の「スタートボタン」をクリックすると、「Microsoft Store」のカバンマークが表示されますので、これをクリックします。

Windows DVDプレイヤーダウンロード方法1

表示された「Microsoft Store」ページの一番右上の「🔎検索欄」に「Windows DVDプレイヤー」と入力して検索します。

Windows DVDプレイヤーダウンロード方法1

上のダウンロードページが表示されたら、「無料試用版」または「購入」のボタンをクリックして、アプリをダウンロードします。

VHS-Cテープからダビング
VHS-Cテープからのダビングサービスはこちら!

無料アプリを利用する

やっぱり、無料で楽しめるなら、無料アプリの方がイイですよね~。

DVDを再生できる無料アプリは、たくさんあります。

その中で、もっとも有名で、問題を起こさないだろうと思われるアプリを紹介しておきます。

それは「VLC media player」と言うアプリです。

「VLC media player」は、寄付を財源とするフランスの非営利団体「VideoLAN organization」によって開発されたソフトです。

DVDビデオ再生はもちろんの事、数多くの動画や音声ファイル形式に対応しています。

「VLC media player」は、こちらからインストールできます。

VLC media playerのダウンロードページ

VLC media playerダウンロード方法

この画面は、「VideoLAN organization」公式ページの「VLC media player」ダウンロードページで、「ダウンロードVLC」ボタンのプルダウンからWindowsなどを選択してダウンロードすれば、「VLC media player」をインストールできます。

インストールは、「日本語」を選択してインストールウイザードを起動させ、「次へ」ボタンを順にクリックしていけば、問題なくインストールを完了できます。

「コンポーネントを選んで下さい」画面で、不要な関連付けがあったらチェックを外します。

例えば、これまで音楽再生に使用してきたアプリを、これまで通り使用したい場合などに、チェックを外すと言った具合です。

VLC media playerのマーク

インストールが完了したら、早速使用してみましょう。

「VLC media player」のアイコンは、オレンジと白の縞々カラーコーンです。

VHSテープからダビング
VHSテープからのダビングサービスはこちら!

コメント