8mmビデオデッキ(メカ)の動作と構造

8㎜ビデオデッキ(メカ)の動作と構造
この記事は約6分で読めます。

当店は基本料金・手数料が0円です!
8mm ・MiniDVもダビングOK!

8mm(Hi8)ビデオデッキの中を見たいと思ったことはありませんか?

VHSビデオデッキよりも小さいので、中を見るのが難しいですが、かなり興奮できます。

写真に沿って、動作と構造を解説していきます。

VHSビデオデッキメカの動作と構造については、別ページをご覧ください。

「VHSビデオデッキメカの動作と構造」はこちら

【バックトゥ昭和】ビデオダビングサービス紹介

8mmビデオシステムとテープ種類

8mmビデオには、実は3つのシステム(規格)があります。

  • Video8
    Video8は、本家の8mmビデオです。
    元々「8mmビデオ」と呼ばれていたのですが、「Hi8」が登場してから区別のために「スタンダード8mmビデオ」や「Video8」と言う名称で呼ばれるようになりました。
  • Hi8
    Hi8は、8mmビデオのオプション規格として登場した規格です。
    メタルテープの特性を向上させて輝度信号をハイバンド化し、Video8よりも解像度を良くしました。
    Hi8が発売されて以降、8mmビデオのHi8化が急速に進み、ほとんどがHi8規格へ移行しました。
  • Digital8
    Digital8は、Hi8のテープを倍速で走行させることで、DV規格のデジタル画像を記録できる様にしたシステムです。
    国内での使用頻度は低かった様です。

この様な経緯から、世の中に出回った8mmビデオの大半は、Hi8規格となっています。

8mmビデオ用テープの例
8mmビデオテープの例

8mmビデオに使用されたビデオテープは、Video8用ビデオテープとHi8用ビデオテープの2種類です。

Hi8機器では、Video8テープとHi8テープのいずれも問題なく再生できますが、Video8機器では、Hi8テープを再生すると色ムラなどが発生して、再生できないので注意が必要です。

バックトゥ昭和のビデオダビングサービスビデオダビングサービスのページはこちら!

8mmビデオデッキのイジェクターとリール台メカ

いよいよ、8mmビデオデッキメカの探検を始めま~す!

ビデオデッキの内部探検を実施した機器は、SONY製のEV-PR1です。

「Hi8」タイプの8mmビデオデッキとなります。

8mmテープのステージ

製品の上蓋を外すと、中央に8mmビデオデッキのメカが見えます。

VHSビデオデッキに比べてメカブロック全体がかなり小さく、この機種では、左側半分が部品の無い空白エリアとなっています。

8mmビデオテープは、写真の手前方向から挿入します。

8mmビデオテープを挿入する前のイジェクター部分

イジェクターステージの下に見えるのがリール台です。

リール台は、再生時にテープを駆動するだけでなく、早送りや巻き戻し動作させたり、ブレーキをかけてテープを停止させる機能を持っています。

8mmビデオメカのリール台

ヘッドドラム側から見たリール台付近の写真です。

左側がテイクアップ側リール台で、右側がサプライ側リール台です。

8mmビデオメカのサプライ側リール台

サプライ側リール台のクロスアップです。

耐久性を考えて、ゴムローラーやベルトは使用していません。

黄色く見えているのは、ブレーキです。

8mmビデオメカのテイクアップ側リール台

テイクアップ側リール台も、同様にゴム部品は使用されておらず、ギアで回転トルクを伝達しています。

バックトゥ昭和の写真データ化サービス写真データ化サービスのページはこちら!

8mmビデオデッキのヘッドドラム周辺メカ

8mmビデオデッキは、VHSビデオデッキに比べて、ビデオテープがかなり小さくなっています。

それに伴い、ドラムや磁気ヘッドもコンパクトになっているため、ヘッド汚れによる不具合が発生し易い傾向にありました。

8mmビデオのドラムブロック

部品が小さくて細かいのですが、VHSビデオデッキに見られるオーディオヘッド等が無いため、シンプルにも見えます。

ピンチローラー

写真中央のピンチローラ上方にあるのは、ローディングアームです。

8mmビデオカセットが挿入されると、このプローディングアームがカセットパック内にもぐり込み、ビデオテープを引っ張り出します。

8mmビデオメカのピンチローラークローズアップ

写真中央の黒くて丸い部品は、テープを駆動するピンチローラです。

テープをローディング前の状態写真ですので、リール台近くで待機しています。

ピンチローラは、キャプスタンにテープを押し当てて、一定速度でテープを走行させる役目を果たします。

8mmビデオメカのキャプスタン

中央にあるのがキャプスタンです。

メカの下側にキャプスタンモータがあって、キャプスタンを一定速度で回転させます。

8mmビデオメカのヘッドドラムブロック

8mmビデオデッキの心臓部に当たるヘッドドラムブロックです。

上ドラムと下ドラムで構成されていて、ビデオヘッドが取り付けられた上ドラムは、シャーシ下に取り付けられたドラムモーターによって、高速回転します。

8mmビデオメカのヘッドクリーナー

8mmビデオデッキは、ドラムの直径が小さく、ビデオテープの曲角度大きいことから、ヘッド汚れしやすい傾向があります。

そのため、ヘッドクリーナーは重要な機能部品となっています。

写真中央の茶色スポンジがヘッドクリーナーで、メカが動作する度にビデオヘッドをクリーニングしています。

8mmビデオメカのビデオヘッド

上ドラムの中央付近に小さな小窓が見えると思いますが、その中で少し光って見える部品がビデオヘッドです。

このビデオヘッドが、ビデオテープに対して、斜めに高速回転することで、ビデオテープに記録された映像や音声データのやり取りを行っています。

8mmビデオメカのローラー

サプライ側のアームローディング付近の写真です。(ヘッドドラムの反対側です)

中央にある白い部品がローラーで、テープを安定走行させる働きがあります。

8mmビデオメカのローディングアーム

違う角度から撮影したサプライ側のローディングアームとローラです。

反対側から見た8mmビデオメカの全景

メカブロック全体を反対側(後ろ側)から見た写真です。

8mmビデオデッキにビデオテープを挿入して走行させる

実際に8mmビデオテープを挿入してみます。

8mmビデオメカにテープを挿入したところ

8mmビデオテープは、写真奥側から手前側に向けて挿入します。

イジェクターのステージに8mmビデオテープカセットパックが挿入されると、ステージが動き出し、カセットパックをリール台上部に移動させながら、2階から1階へ降ろす感じで、カセットパックをリール台にはめ込みます。

8mmビデオメカテープ走行中のピンチローラー部分

カセットパックがリール台にハマるとすぐに、左右のアームローディングが、カセットパックの中から、ビデオテープを引っ掛けてメカの方向へ引っ張り出します。

上の写真は、ちょっと見難いですが、テイクアップ側のアームローディングがテープを引き出し、キャプスタンとピンチローラー間にテープを通したところです。

8mmビデオメカテープ走行中のテープローディング状態

角度の関係で良く見えませんが、テープローディング後のドラム周辺画像です。

8mmビデオメカテープ走行中のヘッドドラム

角度を横にしてみると、ビデオテープが良く見えます。

アームローディングによって、ドラムブロックにテープが巻き付きました。

8mmビデオメカテープ走行中のヘッドクリーナー

こちらは、テイクアップ側のローディングアーム付近のクローズアップです。

画面中央にアームローディングが見え、その奥の方にヘッドクリーナーが見えます。

8mmビデオメカテープ走行中のローディングアーム

こちらは、サプライ側のローディングアーム付近です。

ビデオテープをローディングしただけで、走行を始めていない状態なので、テープに若干のたるみが見えています。

8mmビデオメカテープ走行中のアイドラ

白い部品が、サプライ側にあるアイドラ―です。

ビデオテープの送り出しを、安定化させる働きがあります。

バックトゥ昭和【フィルムデータ化サービス】フィルムデータ化サービスのページはこちら!

8mmビデオのドラムヘッドを回転させてみる

実際に、テープを走行させてみます。

プレイボタンを押すと、上ドラムが回転し、ビデオヘッドがテープを斜めに走査します。

8mmビデオメカテープ走行中のヘッドドラム回転

ヘッドドラムが、高速回転しているのを見るのは、なかなか気分がイイです。

8mmビデオテープは、写真の左側(サプライ側)から右側(テイクアップ側)へ、ゆっくりと動いていきます。

8mmビデオメカテープ走行中のヘッドドラム回転

こちらの写真は、逆方向から見た時のものです。

※写真は、クローズアップしているので、あまり感じませんが、8mmビデオデッキは、VHSビデオデッキと比べて、とても小さいので、写真を撮るのも大変でした。

※精巧な技術の結晶だと思います!

バックトゥ昭和のビデオダビングサービスビデオダビングサービスのページはこちら!

コメント